日焼けをしてしまった時の肌のケアの仕方

夏になると海にいって肌を露出する機会が増えるため、日焼けをしたあとの肌のケアが欠かせません。日焼けをそのままにしておくとひりひりした状態が続いてしまうので、ストレスが溜まってしまいます。

まず、日焼けによる肌の熱を取るためにシャワーで冷やします。肌への負担を最小限にするためにもシャワーの水圧は弱めがおすすめです。

次は保湿クリームで肌の保湿力を高めましょう。日焼けがそこまでひどくない時には、オロナインの軟膏で十分な効果が得られます。

また、アロエエキス含有の軟膏も販売されているので、植物性の成分で肌を良くしたいという方はこちらを利用するといいでしょう。

日焼けはシミを引き起こしてしまうため、紫外線を強く浴びた時には食事で抗酸化作用の強い成分を含んだものを食べることも大切です。例えば、トマトならリコピンという成分が含まれますが、美肌効果があるので積極的に摂取したい成分です。

肌にやさしい材質の服を着る

日焼けをすると肌はとても敏感な状態になっているので、肌に刺激を与えない軟らかい材質のものを着るようにしましょう。

綿や絹等でできた服なら肌への刺激をかなり抑えられるので、ピリピリをあまり感じずに過ごすことができます。

サプリで日焼け止めをするという選択肢もある

実は昨年から飲む日焼け止めがどんどん発売されており、若い女性の間ではひそかなブームとなっています。サプリで本当に効果ある?と疑問に感じるはずですが、抗酸化の働きを持つ成分がたくさん入っているので本当におすすめですよ。

>>飲む日焼け止めサプリが詳しくわかるサイト