口臭が気になり始めたらやっておきたい対策

いままでは口臭なんて気にしたことがなかったけれど、たまたま自分の口臭をチェックしてみたらひどいニオイがしたから対策を行い始めたという方は意外に多いものです。私自身もある時、口臭が気になりはじめてからは歯磨きを丁寧に行ったり、頻繁に口をゆすぐことを増やしたりして対策していました。

私の口臭の原因としては唾液の分泌が少なくなっていることが問題でした。唾液は口内の環境を清潔に保ってくれる働きがあるため、不足すると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

なので、唾液の分泌を増やすために、食事中にはよく噛んで食べたり、ガムを噛んで対策を行っていました。そうするようになってからは比較的口臭に気になることもなくなり、周囲の「口臭がばれてないだろうか?」といちいち気にせずに会話をすることができるようになっています。

口臭対策は別に口臭があまりしない方でも行っておくのがオススメです。常に口内をきれいにしておけばにおいの元である菌が蔓延しない環境を維持する子おtにつながるからです。

また、口臭対策のアイテムとして近年サプリが流行しているので、【口臭サプリおすすめランキング】のページでどういったものがあるのかを確認してみるといいでしょう。口コミを掲載されているため役立ちますよ。

ケイ素水と水素水ではどちらが肌にいいの?

水には様々な種類があるので本当に美容に良いのはどれ?と疑問になっている方もいるはず。今回はケイ素水と寿司疎水を比較してどちらがオススメなのかを紹介していきます。

ケイ素水について

ケイ素水はケイ素が多く含まれる水ですが、市販の多くは天然水として採取されています。ケイ素水が多く採水される地域としては九州の宮崎県が有名ですが、市販のケイ素水はこの地域のものが多いです。

具体的にケイ素はどういう働きをするのかについてですが、コラーゲンと相互に働く役割を持っています。コラーゲンは束になることで弾力性を生み出しますが、ケイ素をそのコラーゲンを支える骨格の役割を持ちます。

そのため、ケイ素を摂取することで以前よりも肌の弾力性が増したという方が少なからずいらっしゃいます。

水素水について

水素水は天然水で採水されることはまずなく、ほとんどが後から水素を注入したものになっています。水素は非常に空気中に逃げ出しやすい性質があるので、多く場合パウチタイプで販売されています。

水素の効果ですが、一時期テレビで効果が証明されたわけではないのでインチキと言われる時期があったので、今ではブームが終わりつつあります。

ケイ素水の方が良い

結論としてはきちんと肌に働きかけてくれるケイ素水の方がいいです。こちらの方が水素水と比べるとお値段が非常に安いというのもメリットの一つです。また、ケイ素水は別名シリカ水と呼ばれるため、ネットで購入する時にはシリカ水で検索して自分に合うものを探してみるといいでしょう。

e-シリカ水.net